亥の子餅

和歌山県

伝統的郷土料理

秋の収穫を祝う行事食

亥の子餅

旧暦10月の最初の亥の日に「いのこ祭り」として秋の収穫を祝う。秋の亥の子は、亥の神様が農事を終わって帰って来る日であり、白餅に小豆あんをまぶしたもの(亥の子餅)を平年は12個、うるう年は13個を一升ますに入れる習慣がある。

郷土料理レシピ

  • 4カップ
  • 餅米2カップ
  • 里芋500g
  • 小さじ2

[ 小豆あん ]

  • 小豆400g
  • 砂糖500g
  • 小さじ1
1.
小豆にひたひたの水を加え、柔らかくなるまで煮て、砂糖、塩を入れて煮詰め、粒あんを作る
2.
米と餅米は洗って30分程おく
3.
里芋は皮をむいて小さく切り、あくを取るためにさっとゆがく
4.
②と③に塩を加え、一緒にやや固めのご飯を炊く
5.
熱いうちにすりこぎでよくすりつぶし、丸く平べったい餅を作る
6.
⑤を小豆あんで包む

資料提供 : 和歌山県 農林水産部 農業生産局 果樹園芸課

菓子

  • えびし

    埼玉県

    秩父に伝わるお祝いのお菓子

    えびし

  • しょうゆ餅

    愛媛県

    ひなまつりを祝う松山のお菓子

    しょうゆ餅

  • 栗きんとん

    岐阜県

    しっとりとした甘さの高級和菓子!

    栗きんとん

  • きりせんしょ

    岩手県

    人寄せにも使われる、クルミ入りのお菓子

    きりせんしょ

郷土料理

  • はもすき

    兵庫県

    玉ねぎの甘みとハモの旨味溢れるだし汁が見事に調和

    はもすき

  • 寒漬

    山口県

    厳しい冬の寒さの中で作られる、醤油ベースの奥深い味わい

    寒漬

  • 味ぶかし

    岩手県

    昔から受け継がれている味ぶかし!その家庭の伝統祝い料理

    味ぶかし

  • いもたき(南予)

    愛媛県

    よい景色とともに楽しむ由緒ある鍋

    いもたき(南予)

TOPに戻る