わらびのしょうゆ漬け

愛知県

伝統的郷土料理

春の風物詩として
いにしえから愛される味

わらびのしょうゆ漬け

わらびは、万葉集にも「さわらび」として春の季節を表す言葉となっている。漬けておけば年中食することができる。

郷土料理レシピ

  • わらび10kg
  • 2kg
  • しょうゆ適宜
  • おから500g
1.
わらびを一握りぐらいずつ輪ゴムで止める。
2.
器にわらびを並べては塩をかけ、またわらびを並べては塩をかける。同じことを繰り返す。
3.
重石をし、水が出たら漬け直しをしをする。
4.
おからと塩を混ぜ合わせる。その中へわらびを入れ、おからと混ぜ合わせる。混ぜ合わせたら、軽い重石をしてふたをして漬け込む。
◎わらびは、塩漬けするとアクが抜けるので、アク抜きを
する必要がない。
5.
食べる前に、2時間くらい水にさらして塩出しをする。
6.
塩気が少し残っているうちにしょうゆをかけ、30分ほ どおく

資料提供 : あいち伝承料理集

漬物

  • 普茶料理

    長崎県

    禅の心を大切にした、日本の食文化を代表する精進料理

    普茶料理

  • たけのこの酢漬け

    愛知県

    誰でも簡単できる春の保存食

    たけのこの酢漬け

  • 紀の川漬

    和歌山県

    大根の王様『紀州大根』をあっさり薄味で仕上げた人気の関西名物

    紀の川漬

  • すぐき漬け

    京都府

    乳酸菌豊富な京都を代表する漬物「すぐき漬け」の原料

    すぐき漬け

郷土料理

  • はさみ漬

    北海道

    大根と塩鮭を酢でしめてはさんだ、北海道の漁師町で愛される味

    はさみ漬

  • めはりずし

    和歌山県

    目を見張るほど大きな口を開けて食べる?郷土寿司

    めはりずし

  • にがごりのつくだ煮

    鹿児島県

    夏を感じる独特の苦みを、長く楽しむための工夫

    にがごりのつくだ煮

  • 茶碗蒸し・蒸し寿司

    長崎県

    ふたつをセットで食べるのが長崎流

    茶碗蒸し・蒸し寿司

TOPに戻る