漬物ステーキ

岐阜県

伝統的郷土料理

飛騨地方限定の習慣、漬け物を焼いて食べる「漬物ステーキ」

漬物ステーキ

「漬物ステーキ」は、岐阜県飛騨地方の郷土料理。飛騨地方では昔から漬物を焼いて食べる習慣があった。極寒の冬の貴重な食料であった漬物が野菜としての役目を果たしており、凍りついてしまった漬物を解かすために囲炉裏で朴葉に載せて焼いた料理法が始まりである。朴葉の上で切り漬けを焼いて、生卵を混ぜて半熟で食べる。飛騨地方の居酒屋では人気の定番メニューであり、朴葉でなく鉄板に油を引き漬物を焦げ目がつくまで炒め、醤油や味噌などで味を調え真ん中に寄せて卵でとじ、鰹節・紅しょうがを添えて完成。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 普茶料理

    長崎県

    禅の心を大切にした、日本の食文化を代表する精進料理

    普茶料理

  • サンマ寿司

    三重県

    やせて脂の少ないサンマを使った、東紀州に伝わる味

    サンマ寿司

  • かちエビちらしずし

    大分県

    身近な乾物を使ったもてなし料理

    かちエビちらしずし

  • はもすき

    兵庫県

    玉ねぎの甘みとハモの旨味溢れるだし汁が見事に調和

    はもすき

TOPに戻る