へぼ飯

岐阜県

伝統的郷土料理

コクのあるうま味は、正に天下の絶品!

へぼ飯

東濃ではこんなことわざがある。「山の見おきと娘の見おきはいかん。」ヘボの巣を見てその時とらないと、ほかの人にとられる。娘も同じ、ということである。七月から八月の夏草刈りの時、よくみつける。小さい巣ごととってきて箱に入れ、家の軒下におき、九月の彼岸ごろとりあげて佃煮などにする。

郷土料理レシピ

  • 9カップ
  • 生へぼ(ハチの子)1カップ
  • しょうゆ1カップ
  • 砂糖少々
1.
へぼを分量の調味料でいりつけるようにして煮上げる。
2.
ご飯は、普通に炊き、火の切れるまぎわに、前述の煮上げたへぼを入れる。
3.
火が切れたら、もう一度点火し、焦げる音がするまで火を消さずにおく。

資料提供 : 岐阜県 農政部 農産物流通課

Don

郷土料理

  • 鯛の唐蒸し

    石川県

    九谷焼の大皿い豪快に、豪華に盛り付け!

    鯛の唐蒸し

  • 鶏飯(けいはん)

    鹿児島県

    約370年前から奄美に伝わるおもてなし料理

    鶏飯(けいはん)

  • いがみの煮付け

    和歌山県

    「いがみ」とは、ブダイのこと

    いがみの煮付け

  • がね

    鹿児島県

    カニに似ていることから名付けられた野菜の揚げもの

    がね

TOPに戻る