へぼ飯

岐阜県

伝統的郷土料理

コクのあるうま味は、正に天下の絶品!

へぼ飯

東濃ではこんなことわざがある。「山の見おきと娘の見おきはいかん。」ヘボの巣を見てその時とらないと、ほかの人にとられる。娘も同じ、ということである。七月から八月の夏草刈りの時、よくみつける。小さい巣ごととってきて箱に入れ、家の軒下におき、九月の彼岸ごろとりあげて佃煮などにする。

郷土料理レシピ

  • 9カップ
  • 生へぼ(ハチの子)1カップ
  • しょうゆ1カップ
  • 砂糖少々
1.
へぼを分量の調味料でいりつけるようにして煮上げる。
2.
ご飯は、普通に炊き、火の切れるまぎわに、前述の煮上げたへぼを入れる。
3.
火が切れたら、もう一度点火し、焦げる音がするまで火を消さずにおく。

資料提供 : 岐阜県 農政部 農産物流通課

Don

郷土料理

  • あゆの姿ずし

    熊本県

    球磨川の象徴、鮎を使った姿ずし!

    あゆの姿ずし

  • だぶ

    佐賀県

    集落の人で一度にたくさんつくる汁物

    だぶ

  • ひゅうが丼

    大分県

    海の男達が豪快に船上で食した津久見市保戸島発祥の郷土料理

    ひゅうが丼

  • 砂丘らっきょう漬

    鳥取県

    生命力あふれる砂丘らっきょうを、甘さや酸味を抑えてさっぱりと

    砂丘らっきょう漬

TOPに戻る