千枚漬

京都府

伝統的郷土料理

「はんなり」とした京都らしさを体現するかのような上品な漬物

千枚漬

聖護院かぶの薄切りを塩漬けし、みりん等の調味料を加えて漬けこんだ京都名物の漬け物。始まりは今から百数十年前、宮中に仕えていた大藤藤三郎なる人物が、「尾花川漬」として売っていたかぶらの漬物にひらめきを得て作り出した漬物。漬け方、調味料、風味はもとより、よいかぶらを求め尋ね回り、ようやく聖護院の里のかぶらに出会った。その後、明治維新とともに職を退いた大藤藤三郎は、「大藤」ののれんを掲げて店を起こして売り出し、その漬物こそが、千枚漬の起源と言われる。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 出雲そば

    島根県

    救荒作物から独自の文化になった出雲そば

    出雲そば

  • サンマ寿司

    三重県

    やせて脂の少ないサンマを使った、東紀州に伝わる味

    サンマ寿司

  • ひつまぶし

    愛知県

    そのままで、薬味を添えて、お茶漬けで。三つの味を楽しめる

    ひつまぶし

  • ばらずし

    岡山県

    倹約令をかいくぐるための工夫からうまれたハレの食

    ばらずし

TOPに戻る