千枚漬

京都府

伝統的郷土料理

「はんなり」とした京都らしさを体現するかのような上品な漬物

千枚漬

聖護院かぶの薄切りを塩漬けし、みりん等の調味料を加えて漬けこんだ京都名物の漬け物。始まりは今から百数十年前、宮中に仕えていた大藤藤三郎なる人物が、「尾花川漬」として売っていたかぶらの漬物にひらめきを得て作り出した漬物。漬け方、調味料、風味はもとより、よいかぶらを求め尋ね回り、ようやく聖護院の里のかぶらに出会った。その後、明治維新とともに職を退いた大藤藤三郎は、「大藤」ののれんを掲げて店を起こして売り出し、その漬物こそが、千枚漬の起源と言われる。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • じゃこ寿司

    和歌山県

    夏はにぎり寿司、秋は押し寿司。2種の味をぜひお試しあれ!

    じゃこ寿司

  • ふつもち(よもぎ団子)

    熊本県

    よもぎの香りが爽やかな代表的な団子菓子!

    ふつもち(よもぎ団子)

  • 桜の花漬

    神奈川県

    7分咲きの八重桜を塩と白梅酢で漬け込んだ、優雅な小田原の名産

    桜の花漬

  • 凍み大根の煮しめ

    岩手県

    寒い気候を生かした伝統的な家庭料理

    凍み大根の煮しめ

TOPに戻る