たけのこのおから漬け

愛知県

伝統的郷土料理

旬のたけこのをずっと美味しく
食すためのアイデア

たけのこのおから漬け

孟宗竹の多い地域では、たけのこがよく食べられていた。秋から冬まで保存する方法として考えられた。 塩だけで漬けるとやや黒ずむが、この方法はたけのこが白くまた軟らかくなりアクも抜ける。必要なとき は、塩出しをしてから用いる。

郷土料理レシピ

  • たけのこ3~5kg
  • おから5kg
  • 5kg
  • 米ぬか適宜
1.
米ぬかを木綿袋に入れる。木綿袋を入れ湯をわかす。
2.
たけのこは、根を切り取り、皮つきのまま1.の湯の中でゆでる。
◎たけのこは、掘ってから24時間経過すると、えぐみの成分であるシュウ酸が2~3倍も増えるため、堀りたてのものをすぐにゆでる。
3.
ゆでたら水にとって皮をむきながら冷ます。
4.
おからと塩はよく混ぜ合わせておく。
5.
容器におからを敷き、たけのこを並べ、またおからを敷き、たけのこを並べる。これを繰り返し、最上部はおからをたっぷり詰め、空気を抜いて押しぶたをする。重石で押して密閉し、涼しい所に置いて保存する。

◎重石は、たけのこの重量の20%ぐらい。
◎利用する時の塩出しは、約1%の塩水に2~3時間つけ
る。

資料提供 : あいち伝承料理集

漬物

郷土料理

  • ふく料理

    山口県

    伊藤博文「お墨付き」。下関のふく(福)料理

    ふく料理

  • さんまの丸干し

    三重県

    余計な脂の落ちたさんまを、丸ごと干した味わい深い冬の味覚

    さんまの丸干し

  • 焼きめし茶漬け

    島根県

    合わせ味噌がまさにミソ!焼きおにぎりを茶漬けにした絶品めし

    焼きめし茶漬け

  • サーターアンダーギー

    沖縄県

    表面サクサク中シットリの沖縄ドーナッツ。

    サーターアンダーギー

TOPに戻る