萩蒲鉾

山口県

ご当地グルメ

適当な弾力と独特の風味を備えたのが山口産焼抜蒲鉾

萩蒲鉾

萩は焼き抜き蒲鉾発祥の地。 “焼抜蒲鉾”とは近海で漁獲された新鮮な生魚を主原料にして作られる。 昔はすり潰したエソ肉を水晒しせずに塩を加えてらい潰し、松板に盛り付け、樫の極上炭火で板面をゆっくりと焼き上げた後、反転して表面を急速に焼き上げる、とゆう特殊な加熱法で作られたようである。この製法が「焼抜」と呼ばれるゆえんである。 最初の加熱によっていわゆる「坐り」がおこり、次の加熱で「あし」の強い蒲鉾ができる。微妙な火加減と、まんべんなく焼き上げるタイミングは高等技術を要し、一種の職人芸であった。板がほどよく焦げ、香味を一層引き立てている。

資料提供 : ぐるたび

御当地グルメ

魚介

  • 鰹節

    高知県

    旨味凝縮!熟成させるほどに極上となる日本の伝統食品

    鰹節

  • ぶりのあつめし

    大分県

    大分漁師料理。
    あつあつのご飯とぶりで作る

    ぶりのあつめし

  • さえらのてっぽう

    和歌山県

    脂が少なく、小ぶりな一品

    さえらのてっぽう

  • 鯖鮨

    長野県

    海のない地域ならではの食習慣

    鯖鮨

TOPに戻る