萩蒲鉾

山口県

ご当地グルメ

適当な弾力と独特の風味を備えたのが山口産焼抜蒲鉾

萩蒲鉾

萩は焼き抜き蒲鉾発祥の地。 “焼抜蒲鉾”とは近海で漁獲された新鮮な生魚を主原料にして作られる。 昔はすり潰したエソ肉を水晒しせずに塩を加えてらい潰し、松板に盛り付け、樫の極上炭火で板面をゆっくりと焼き上げた後、反転して表面を急速に焼き上げる、とゆう特殊な加熱法で作られたようである。この製法が「焼抜」と呼ばれるゆえんである。 最初の加熱によっていわゆる「坐り」がおこり、次の加熱で「あし」の強い蒲鉾ができる。微妙な火加減と、まんべんなく焼き上げるタイミングは高等技術を要し、一種の職人芸であった。板がほどよく焦げ、香味を一層引き立てている。

資料提供 : ぐるたび

御当地グルメ

魚介

  • あまご料理

    三重県

    初夏が旬の涼しげな魚。川魚の女王と呼ばれ、食し方も様々

    あまご料理

  • さんまの酢みそ和え

    岩手県

    香味野菜と酢みその香りが、新鮮なさんま刺に新たな食感を与える

    さんまの酢みそ和え

  • ひしこ押し寿司

    千葉県

    カタクチイワシを特製調味液にさっと漬けて。豊かな甘みが美味

    ひしこ押し寿司

  • 紅葉漬

    岩手県

    鮭をつかった色鮮やかな郷土料理

    紅葉漬

TOPに戻る