鮒の甘露煮

栃木県

伝統的郷土料理

正月には欠かせない縁起物

鮒の甘露煮

県南地方では、12月になると沼や堀をかい掘りして、なまず、ふな、こい、うなぎなどの魚がとれる。特にふなは「寒ぶな」と言っておいしく、焼いて正月用の甘露煮、昆布巻きなどに利用される。正月にはお頭つきの魚となり、縁起物として扱われる。

郷土料理レシピ

  • ふな1kg
  • 木皮1枚
  • 梅干し大3個
  • 砂糖1kg
  • 1〜1・1/2カップ
  • しょうゆ2カップ
  • 水飴100g
1.
ふなのワタを取って苦みを取り除き、よく洗い水切りをする。
2.
くしに刺して網の上に並べ、遠火でゆっくりきつね色に焼き、冷ましておく。
3.
厚手の鍋に木皮を敷き、ふなを並べる。
(鍋の中央を尾にして菊の花のように並べる)
梅干しをいれる。
4.
ひたひたに水を入れ、砂糖、酒を加える。
沸騰するまで強火で煮る。沸騰したら弱火にして約2時間30分煮る。
5.
竹ぐし頭のところにさして柔らかくなっていたら、しょうゆを加え約1時間30分煮る。
6.
最後に水飴を加え、さめるまでそのまま置く。
※汁の多い時は、汁だけを煮つめて、甘露煮の上からかけると良い。
※木皮や竹皮の代わりにだいこんを敷いても良い。
※煮くずれを防ぐため、鍋に入れて煮はじめたらさめるまでゆすったり、はしを使ったりしない。

資料提供 : 「子や孫に伝えたい郷土の料理とちぎ」発行栃木県農業者懇談会

煮もの

  • 夕顔煮

    岩手県

    魅惑の大瓜夕顔煮

    夕顔煮

  • 地鶏の煮つけ(きいこん)

    鹿児島県

    鹿児島県民にとっての代表的なおもてなし料理

    地鶏の煮つけ(きいこん)

  • ぶり大根

    富山県

    出世魚「ぶり」を使う郷土料理は縁起がいい?

    ぶり大根

  • 仙台雑煮

    宮城県

    ハゼの出汁で作る仙台特有の雑煮。風味と野菜の旨味が相性◎

    仙台雑煮

郷土料理

TOPに戻る