お方ずし

大分県

伝統的郷土料理

煮豆と焼きアジで作る、郷土の歴史がぎっしり詰まったおすし

お方ずし

大分市竹中地区に伝わる「お方ずし」。その昔、農繁期に入る前の「地獄入り」に、お方(庄屋)が「頑張ろうえ」と農家の人々に振る舞った。具はシンプルに煮豆と焼きアジだけで、形は俵形。 アジは七輪でじっくり焼き、ウズラマメは一晩水に浸し、強火で一煮立ちしたら煮崩れしないようにじっくりとろ火で煮る。生きるのに一生懸命で、生活と食べ物が強く結び付き、家族や近所の人たちと助け合って生きた時代のごちそう。ぎっしり詰まった郷土の歴史をたっぷり味わうことができる。

資料提供 : ぐるたび

寿司

  • 柿の葉すし(奈良県)

    奈良県

    まろやかな風味の酢めしと、脂のり際立つ鯖・鮭とのベストコンビ

    柿の葉すし(奈良県)

  • 島寿司

    東京都

    わさびの代わりに練りがらしで食べる握り寿司

    島寿司

  • つわずし

    高知県

    つわぶきの葉を使った祝いの席のお寿司

    つわずし

  • めはりずし

    和歌山県

    目を見張るほど大きな口を開けて食べる?郷土寿司

    めはりずし

郷土料理

TOPに戻る