けんびき焼き

岡山県

伝統的郷土料理

名前の通り、ほっと一息ついてしまう昔ながらの家庭のおやつ

けんびき焼き

田植えが終わり、梅雨明けを待つ旧暦の6月1日を「ロッカッシテェ」「ロッカッヒテェ」といって、どこの農家でも仕事を休む節目にしていた。また、この日は厄年の厄が明けたり、厄に入ったりする境の日にもあたり、いろいろな行事が開かれる。この時期に、農家ではみょうがの葉で包んで焼く「けんびき焼き」を作る。農作業で疲れた肩の腱びき筋を焼きほぐすなどの言い伝えがある。

郷土料理レシピ

分量 : 2人前

  • 小麦粉100g
  • 熱湯120cc
  • こしあん100g
  • みょうがの葉5枚
1.
あんを丸める
2.
小麦粉に熱湯を加える。熱いので初めは箸で、冷めてまとまってきたら手でこねる
3.
丸めた小麦粉を少し広げて、丸めたあんを中に入れて包みこむ
4.
みょうがの葉で団子を包むように巻く。くっつくときは手にサラダ油を塗る
5.
フライパンを熱し、サラダ油をひいて4を並べる
6.
両面にこんがりと焼き色がついたら出来上がり

資料提供 : 岡山県郷土文化財団「おかやまの味」/伝えたい真庭の郷土料理

郷土料理

  • 有明海料理

    佐賀県

    有明海の海の幸を使った料理

    有明海料理

  • 落花生みそ

    千葉県

    お茶うけにも、おつまみにも、ごはんにも

    落花生みそ

  • 冷汁

    山形県

    元気が出る、力が漲る、具だくさんおひたし

    冷汁

  • はさみ漬

    北海道

    大根と塩鮭を酢でしめてはさんだ、北海道の漁師町で愛される味

    はさみ漬

餅・団子

TOPに戻る