鯛麺

大分県

伝統的郷土料理

大きな鯛を大皿に盛りつけたおめでたい料理

鯛麺

鯛はつがいになったら巣を決めて一緒に住み、決して離れないといわれていることから、婚礼の席に出される鯛めんには、離婚しないという願いが込められている。加えて、姫島地域では婚礼が両家初めての“対面”であるということ、長い麺で両家の末永い付き合いを願うという意味合いもある。
婚礼に限らず、「初のぼり」「初びな」の子供の初節句や、漁師が新しい船を進水させる「ふなおろし」など、様々なお祝いの席で振る舞われる。

郷土料理レシピ

  • 1尾
  • 地粉500g
  • 薄力粉500g
  • 500cc
  • 乾燥茸適宜
  • 昆布適宜
  • 適量
  • 適量
  • 濃口しょうゆ適量
  • 薄口醤油適量
1.
大鍋に乾燥茸と昆布で、だしをとり、調味料で味をととのえる。
2.
鯛の鱗と内蔵をとり、塩をして少しおく。
3.
鯛にさらしをかぶせて熱湯をかけ、霜降りにする。
4.
身が崩れないように鯛をさらしにくるんで、だし汁にそっと入れ、火が通るまで煮る。
5.
地粉と薄力粉を半々に混ぜ、水を少しずつ加えながら、よくこねる。
4つか5つに分けて、製麺機にかける。
6.
最初、製麺機にかけるのは練るため。
出てきた生地を折りたたんで、何度も製麺機にかける。
7.
4〜5回かけると、なめらかになる。
これを適当な長さに切る。
8.
生地を製麺機にかけて細めの麺に切る。
9.
たっぷりのお湯でゆで、ふきあがったら差し水をする。
1本食べてみて、ゆであがりを確認する。
10.
ゆであがった麺を流水でよく洗い、一人分ずつまとめる。
11.
煮上がった鯛を鍋から取り出し、身を崩さないように大皿に盛りつける。
12.
鯛を取り出した後の煮汁の味を濃いめにととのえ、うどんを入れて煮込む。
鯛のうまみをしみ込ませる。
13.
鯛をもった皿に麺も盛りつけて、だし汁をかけたら完成。
※お披露目した後は、お椀に麺を入れ、鯛の身をのせて、だし汁をかける。薬味なしでもおいしい。

資料提供 : 次代に残したい郷土料理

郷土料理

  • ぼてぼて茶

    島根県

    お茶どころの茶人が考案した、立ったまま食べられるおいしい間食

    ぼてぼて茶

  • セタシジミご飯

    滋賀県

    絶品の旨味!琵琶湖のシジミ

    セタシジミご飯

  • あなご飯

    広島県

    明治時代の駅弁が発祥。焼きたてのあなごの蒲焼とアツアツ味ご飯

    あなご飯

  • にしんの山椒漬け

    福島県

    貴重な魚を美味しく長持ちさせる

    にしんの山椒漬け

麺

  • あごだしの蕎麦

    新潟県

    知る人ぞ知るそばどころ、佐渡の新そばをあごだしで味わう

    あごだしの蕎麦

  • 南部一郎かぼちゃ饂飩

    岩手県

    ほんのりと甘い、地元の特産かぼちゃ粉末を混ぜ込んだうどん

    南部一郎かぼちゃ饂飩

  • こうのす川幅うどん

    埼玉県

    川幅日本一の「荒川」をイメージした、幅広く滑らかなうどん

    こうのす川幅うどん

  • スパカツ

    北海道

    熱々の鉄板の上に、パスタとカツ、ミートソースがダイナミックに

    スパカツ

TOPに戻る