三輪そうめん

奈良県

伝統的郷土料理

伊勢参りの人々によって広まった大和のご馳走

三輪そうめん

冬は温かいにゅうめんで、夏は季節の具をのせて冷やし素麺で。大和では一年中食されている。特徴である細くこしの強い食感は、良質な小麦と水、熟練の製麺技術によって可能となる。今から1200年以上前に大和の中央にある三輪地域にて、素麺の原型である麦縄(むぎなわ)が作り始められたのが起源と伝わる。江戸時代に「大和三輪素麺、名物なり、細きこと糸のごとく、白きこと雪のごとし」と伊勢参りにきた人々の間で評判となり、全国的に有名になった。奈良県の特産品として大きな人気がある。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • サンマ寿司

    三重県

    やせて脂の少ないサンマを使った、東紀州に伝わる味

    サンマ寿司

  • どんがら汁

    山形県

    冬の日本海の、最高の贈り物

    どんがら汁

  • マグロのごんぐり煮

    宮崎県

    新鮮なマグロの胃袋を甘辛く煮込んだ絶品の郷土料理

    マグロのごんぐり煮

  • 吉田うどん

    山梨県

    富士山の湧き水で作られる、
    ハレの日に食べる吉田市のうどん

    吉田うどん

麺

TOPに戻る