六兵衛

長崎県

伝統的郷土料理

昔ながらのさつまいも麺

六兵衛

島原半島が飢餓に見舞われたとき、人々を救うために六兵衛という人が考え出したとされる郷土料理。さつまいもの粉を山芋でつないだもので、汁には醤油を使い、ねぎの薬味を添えて食べる素朴な味である。

郷土料理レシピ

分量 : 1人前

  • サツマイモの粉100~120g
  • ネギネギ2分の1本
  • 山芋40g/トッピングの山芋は適量
  • かまぼこ三枚
  • 二分の一個
  • だし汁1.5カップ
  • 四分の一カップ
  • 醤油小さじ4
  • みりん小さじ1
  • 料理酒少々
1.
やまいもは皮を向いてすり下ろす。ネギは小口切りにして、かまぼこは薄切りにする。だし汁を作っておく。さつまいもの粉にやまいもをすりおろしていれる。次に、水を加えてしっかりこねる。
2.
生地を0.5cm程の平らにしてサランラップに包み冷蔵庫に一時間ほど入れておく。生地が少しやわらかいのできりにくい場合は冷凍庫に少し入れて固くする。生地を横に向けてに0、5cm~1cmくらいの細切りにする。
3.
この間に錦糸卵を作る。(柚oゆずりんoさんのレシピ*キレイな薄焼き卵&錦糸卵*を作りました)
4.
なべに湯をわかす。沸騰したら、切った生地を入れ、浮いてきてゆで上がったらすくい上げる。だし汁を火にかけて温め醤油、みりん、酒を入れる。味を整えたら、茹でた六兵衛を入れ器によそる。ネギ、錦糸卵、かまぼこ、山芋をトッピングしてできあがり。

資料提供 : 長崎県農林部農政課

郷土料理

  • かきまぶり

    和歌山県

    代々伝わる、田植え休みなどのごちそう

    かきまぶり

  • そば米雑炊

    徳島県

    落人が都をしのんで正月につくった雑炊

    そば米雑炊

  • けせん団子

    鹿児島県

    薩摩藩のお茶菓子として親しまれていた素朴な名菓

    けせん団子

  • あゆの姿ずし

    熊本県

    球磨川の象徴、鮎を使った姿ずし!

    あゆの姿ずし

麺

TOPに戻る