伊根のサバのへしこ

京都府

伝統的郷土料理

漁業のまち伊根の伝統の保存食。旨みとほどよい辛味でご飯に合う

伊根のサバのへしこ

”サバのへしこ”は、京都・丹後半島の先端、伊根町の特産品で、新鮮なサバをぬか漬けにしたもの。舟屋で有名な漁業のまちで、古くから保存食として食べられてきた料理だ。へしこの名前の由来は様々だが、漁師が魚を樽に漬け込むことを「へしこむ」といったことから「へしこ」となった説が有力だ。へしこのぬかをさっと落として好みの大きさに切って焼けば、独特の嫌みのない辛さがご飯によくあう。焼いたへしこを、ご飯の上にのせて お茶漬けにしてもおいしい。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • けせん団子

    鹿児島県

    薩摩藩のお茶菓子として親しまれていた素朴な名菓

    けせん団子

  • いかなごのくぎ煮

    兵庫県

    春の訪れを知らせる風物詩「いかなご新子漁」

    いかなごのくぎ煮

  • 石焼料理

    長崎県

    最後まであつあつが食べられる

    石焼料理

  • べろべろ餅

    山形県

    べろべろべろ~と生まれた細長い、うるち米のおもち

    べろべろ餅

TOPに戻る