とちもち

富山県

伝統的郷土料理

縄文時代から食されたと言われる栃の実を使用した

とちもち

昔お米がほとんどとれなかった山村などで発達したお菓子。灰汁抜きした栃の実(トチノキの実)を、もち米と一緒に蒸して餅にしたもの。栃の実はアクがとても強く初心者にはとても難しいが、その分風味は豊かでとても美味しい。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • もち米1升
  • とちの実(とちの実は皮を除去してアクを出したもの)650g
  • 小豆あん適宜
1.
乾燥したとちの実を一晩水に浸す。
2.
(1)を煮て、沸騰直前で火を止め、ぬるま湯の中で皮をむく。道具として、千枚通しや金槌を使う。
3.
アクを出すため流水で1週間さらす。
4.
(3)を1時間、たっぷりのお湯で煮た後、とちの実と同じ量の木灰を入れて一晩浸しておく。
5.
とちの実をきれいに洗い、残っている渋皮をとり、もち米と一緒に蒸す。
6.
臼と杵でつき、のしもちにしたり小豆あんを入れて丸めて形を整える。

資料提供 : 越中とやま 食の王国

郷土料理

  • ひゅうが丼

    大分県

    海の男達が豪快に船上で食した津久見市保戸島発祥の郷土料理

    ひゅうが丼

  • コアユの山椒煮

    滋賀県

    琵琶湖の代表的な春の海の幸

    コアユの山椒煮

  • 温麺

    宮城県

    油を一切使わないヘルシーな手延乾麺は、長さも短く喉ごしも◎

    温麺

  • けんちん汁(埼玉県)

    埼玉県

    冬の物日に体をあたためてくれる料理

    けんちん汁(埼玉県)

餅・団子

TOPに戻る