伊勢たくあん

三重県

伝統的郷土料理

2年以上かけてじっくりと漬けて生まれた、独特の風味と味わい

伊勢たくあん

昔から全国的に「伊勢こうこう」として知られており、江戸で沢庵和尚が広めた数十年後の江戸末期に伊勢路の農村で生産するようになった。古人の知恵をそのままに、肥沃な土地で育った「御園大根」を架木にかけ、北西の寒風にさらし、日数をかけて乾燥させてから、2年以上もかけてじっくり漬ける。茄子の葉・柿の皮・唐辛子などを入れた米ぬかが独特の風味と色を出す。見た目も味も本来のお漬物の魅力を十二分に引き出している本格的な手作り沢庵だ。が主な生産地は伊勢市・明和町・小俣町・玉城町。

資料提供 : ぐるたび

漬物

郷土料理

  • さんが焼き

    千葉県

    海を知り尽くした漁師による“漁師料理”の、まろやかな美味しさ

    さんが焼き

  • 伊勢うどん

    三重県

    シンプルにいただく、モッチリやわらか極太うどん

    伊勢うどん

  • 鉄鉢料理

    京都府

    托鉢の僧が使ったまるい鉢を模して、禅の心を伝える精進料理

    鉄鉢料理

  • 島原手延べそうめん

    長崎県

    職人の匠の技と魂が織り成す、
    丁寧に仕上げた食感が命

    島原手延べそうめん

TOPに戻る