岩手県のひっつみ

岩手県

「ちぎって鍋へ入れる。」岩手県おふくろの味「ひっつみ」

岩手県のひっつみ

小麦粉をこねて薄く伸ばしたものを手でちぎり、お鍋の中で季節の野菜とともにだしで煮込む料理。具やだしは季節によって様々であり、川魚や川のカニ、鶏肉、きのこなどを用いる。名の由来は、「手で引きちぎる」事を方言で「ひっつむ」と言うことから名付けられた。「ひっつみ」は、地域によって「とってなげ」、「はっと」、「きりばっと」とも呼ばれる。なめらかで喉越しの良いひっつみは年齢を問わず、身も心もあたためてくれる岩手県ふるさとの味。

資料提供 : ぐるたび

漬物

  • わらびのしょうゆ漬け

    愛知県

    春の風物詩として
    いにしえから愛される味

    わらびのしょうゆ漬け

  • すぐき漬け

    京都府

    乳酸菌豊富な京都を代表する漬物「すぐき漬け」の原料

    すぐき漬け

  • 紅葉漬

    岩手県

    鮭をつかった色鮮やかな郷土料理

    紅葉漬

  • 普茶料理

    長崎県

    禅の心を大切にした、日本の食文化を代表する精進料理

    普茶料理

TOPに戻る