焼もち

群馬県

伝統的郷土料理

手早く作れ、腹持ちも良い!群馬では各家庭で作られる懐かしい味

焼もち

「焼きもち」は、「おやき」とも呼ばれ、小麦が多く生産されている群馬県伝統のおやつである。小麦粉とみそ、きざんだ野菜などを入れて焼いて食べる。一般的にはねぎやしそ、ふきのとうなど季節の野菜を入れ、平らに丸めてほうろくで焼く。地域や家庭によって生地や具、作り方や呼び名も少しずつ違い、県内各地でいろいろな味の「焼きもち」がある。農作業の合間の「こじゅはん」(「小」+「昼飯」、間食の意味)として、手早く作れて腹持ちのいい「焼きもち」は、今でもお茶請けやおやつに食べ親しまれている。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • かけ和え

    佐賀県

    質素な農山漁村では、ご馳走だった酢みそ和え

    かけ和え

  • いも煮

    山形県

    直径5m超の大鍋で3万食を振る舞う「芋煮会」

    いも煮

  • がめ煮(大分県)

    大分県

    大鍋でつくった鶏の煮込み

    がめ煮(大分県)

  • 肥前茶粥

    佐賀県

    粉茶を入れて炊き込んだサラサラのお粥

    肥前茶粥

餅・団子

  • けせん団子

    鹿児島県

    薩摩藩のお茶菓子として親しまれていた素朴な名菓

    けせん団子

  • まめぶ

    岩手県

    まめで達者に暮らせるようにとの願いを込めた豆粒大の団子

    まめぶ

  • しょうゆ餅

    愛媛県

    ひなまつりを祝う松山のお菓子

    しょうゆ餅

  • べろべろ餅

    山形県

    べろべろべろ~と生まれた細長い、うるち米のおもち

    べろべろ餅

TOPに戻る