いももち

和歌山県

伝統的郷土料理

主食として親しまれた餅料理

いももち

熊野灘沿岸は背後に山が迫り、米作りに適する土地が少ないが、さつまいもは赤土の平見(台地)で作りやすく、甘みの強いものが収穫される。かつて東牟婁海岸地域の日々の食事はさつまいもと麦が中心。いももち、うけじゃ、の他に芋入りごはん、ゆで干し芋、ほしごのもち等も。

郷土料理レシピ

  • さつまいも
  • 餅米
  • きなこ
1.
餅米は洗って、一晩水に漬けておく
2.
さつまいもは、皮をむき、適当な大きさに切って、あく抜きをする
3.
①を水切りして②と共に蒸し、もちをつく要領で搗く
4.
飯切りにきなこを広げ、③を適当な大きさに丸めて、きなこをまぶす。
※もちを丸める時に小豆餡を入れても良い。

資料提供 : 和歌山県 農林水産部 農業生産局 果樹園芸課

菓子

郷土料理

  • 芋煮

    島根県

    里芋のおいしさを生かした秋の味覚

    芋煮

  • 稲庭うどん

    秋田県

    寛文五年から伝わるとされる独特な製法

    稲庭うどん

  • いきなり団子

    熊本県

    突然のお客様をおもてなしする伝統的なお菓子

    いきなり団子

  • 砂丘らっきょう漬

    鳥取県

    生命力あふれる砂丘らっきょうを、甘さや酸味を抑えてさっぱりと

    砂丘らっきょう漬

餅・団子

TOPに戻る