きりせんしょ

岩手県

伝統的郷土料理

人寄せにも使われる、クルミ入りのお菓子

きりせんしょ

米粉の生地に、クルミの入った昔ながらのお菓子。
花巻では、3月3日のひな祭りには花巻人形を飾り、きりせんしょをお供えする習わしがある。また、人寄せやこびる(昼ご飯前に一服することを小昼という)時の郷土料理として伝えられてきた。
地域や家庭によって、作り方や味付け、形も様々。

郷土料理レシピ

  • うるち米粉500g
  • ザラメ250g
  • 濃口醤油100cc
  • サラダ油大さじ1.5
  • クルミ50g
  • 黒ごま大さじ1.5
  • 650cc
1.
厚手の鍋に、分量の水、ザラメ、しょうゆを入れて、かき混ぜながら加熱する。
沸騰直前にサラダ油を入れ、沸騰させる。
2.
沸騰している中に、粉を一気にいれ、木べらでところどころに穴を開けながら、火力を弱めないで3分以上煮る。
粉の煮えた様子を見ながら、火を止めずに手早くかき混ぜて、火を止める。白い粉がなくなるようにかき混ぜる。
3.
クルミと黒ごまを加え、ぬれ布巾をかけて一晩ねかせる。
4.
充分ねかせた生地を、ギュッギュッと力を入れて、ちぎれるようになるまでこねる。(方言では「しとねる」)
生地をこねると粘りがでてくるが、さらにこねることで、べたつかない生地になる。
こねる時間が短いと、出来上がった時に歯にくっついてしまう。
5.
1個を50gにちぎり、小判型にあるめて、割り箸で型を入れる。これを25個つくる。

6.
蒸し器に並べ、中火で25分蒸す。

資料提供 : 岩手県 農林水産部 農業普及技術課

菓子

郷土料理

  • 烏城黄金ずし

    岡山県

    岡山城をイメージした絢爛豪華かつ地元の幸が満喫できる寿司

    烏城黄金ずし

  • いぎす

    鳥取県

    磯の香り豊かな精進料理

    いぎす

  • いとこ煮

    大分県

    親鸞聖人をしのんでつくられた小豆の煮物

    いとこ煮

  • ホンモロコ料理

    滋賀県

    琵琶湖特有のホンモロコは炭火で焼いて生姜醤油で食べる素焼きが絶品

    ホンモロコ料理

TOPに戻る