さんまの酢みそ和え

岩手県

伝統的郷土料理

香味野菜と酢みその香りが、新鮮なさんま刺に新たな食感を与える

さんまの酢みそ和え

全国有数のサンマ魚水揚港として知られる大船渡港。秋のサンマは北の海でたくさんの餌を食べているので脂がのっているが、初夏のものは脂がなくさっぱりしているため、焼き魚としては物足りない。そのため、たたきや刺身にして食べることが多い。このさんまの刺身にシソや長ネギ・みょうがなど沢山の香味野菜を合わせ、酢みそをかけて食べる。新鮮なさんまのぷりぷりとした歯ごたえに、香味野菜の涼しげなしゃきしゃき感と、さっぱりとした酢みそが美味しい。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • にがごりのつくだ煮

    鹿児島県

    夏を感じる独特の苦みを、長く楽しむための工夫

    にがごりのつくだ煮

  • あゆ料理

    滋賀県

    臭みのない琵琶湖の香魚。季節によって食べ方はいろいろ

    あゆ料理

  • 鯛麺

    大分県

    大きな鯛を大皿に盛りつけたおめでたい料理

    鯛麺

  • 外郎

    山口県

    山口県民が愛する代表的名菓

    外郎

魚介

  • ヒラスの料理

    長崎県

    白い鉄火巻の具としても活躍する長崎のヒラス

    ヒラスの料理

  • 宇和島鯛めし

    愛媛県

    宇和島独特の生の鯛を使った漁師飯

    宇和島鯛めし

  • うれしの

    大分県

    殿様が「うれしいのう」と喜んだ鯛のごはん

    うれしの

  • 粕イカ

    北海道

    新鮮なイカを漬け込んだ粕漬けは、独特の味わいが酒の肴に最適

    粕イカ

TOPに戻る