永平寺のごま豆腐

福井県

伝統的郷土料理

豊かな香りとなめらかでもっちりした味わい。精進料理の代表格

永平寺のごま豆腐

修行僧のタンパク源として古くから食べられてきたごま豆腐は精進料理の代表格。丁寧に炒ったゴマをじっくりすりつぶし、ミネラルが豊富な白山からの伏流水と最上級の葛を加え練りあげることで、豊かな香りとなめらかでもっちりとした味わいになる。厳しい修行の中で脈々と受け継がれてきた滋味豊かな味である。冷やしたごま豆腐に特製の味噌ダレをつけて味わうのが永平寺流。お酒のつまみとしてもお薦めで、最近では抹茶入りのごま豆腐を黒蜜で味わうデザート感覚の商品も登場し、若い人にも好評。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 笹かまぼこ

    宮城県

    笹の形をしたすり身をこんがり焼いたかまぼこは、手軽さも人気

    笹かまぼこ

  • 南関そうめん

    熊本県

    300年の歴史!全国でも稀有なすべてが手作業の手延べ素麺

    南関そうめん

  • 冷や汁

    宮崎県

    夏バテ解消にピッタリ。冷たい味噌汁をぶっかけて食べるご当地汁

    冷や汁

  • いかなごのくぎ煮

    兵庫県

    春の訪れを知らせる風物詩「いかなご新子漁」

    いかなごのくぎ煮

TOPに戻る