永平寺のごま豆腐

福井県

伝統的郷土料理

豊かな香りとなめらかでもっちりした味わい。精進料理の代表格

永平寺のごま豆腐

修行僧のタンパク源として古くから食べられてきたごま豆腐は精進料理の代表格。丁寧に炒ったゴマをじっくりすりつぶし、ミネラルが豊富な白山からの伏流水と最上級の葛を加え練りあげることで、豊かな香りとなめらかでもっちりとした味わいになる。厳しい修行の中で脈々と受け継がれてきた滋味豊かな味である。冷やしたごま豆腐に特製の味噌ダレをつけて味わうのが永平寺流。お酒のつまみとしてもお薦めで、最近では抹茶入りのごま豆腐を黒蜜で味わうデザート感覚の商品も登場し、若い人にも好評。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • まぜ御飯

    愛知県

    季節の幸をふんだんに入れたその土地の味

    まぜ御飯

  • しょうゆ餅

    愛媛県

    ひなまつりを祝う松山のお菓子

    しょうゆ餅

  • 赤かぶ漬

    岐阜県

    さわやかな甘みのある「飛騨紅かぶ」を塩漬けにした冬の常備菜

    赤かぶ漬

  • もみじ饅頭

    広島県

    紅葉谷にちなんだ宮島の手みやげ

    もみじ饅頭

TOPに戻る