具雑煮

長崎県

伝統的郷土料理

島原藩領だった島原半島一帯で
作られている郷土料理

具雑煮

島原藩領だった島原半島一帯で作られている郷土料理。島原の乱の時、一揆軍の総大将天草四郎が農民たちに餅と兵糧としてたくわえさせ、山や海から色々な材料を集めて雑煮を炊き、栄養をとりながら約3ヶ月も戦ったと言われる。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • だし汁1.5l
  • ごぼう、にんじん、里芋、ちくわ、大根、凍り豆腐、じゃがいも、鶏肉、しいたけ、かまぼこ、ほうれん草、細切こんぶ、白菜、小もちなど適量
  • 濃い口醤油150cc
1.
煮干しのだし汁と、適当に切った材料を大鍋に入れて炊く。
2.
野菜が煮えたら醤油味をつける。
3.
白菜、小もち、細切りこんぶを入れてもちがやわらかくなったら出来上がり。おわんに、かまぼこ、ほうれん草など盛りつける。

資料提供 : 長崎県農林部農政課

汁もの

郷土料理

  • 法楽焼

    愛媛県

    水軍の栄華を今に伝える豪快な料理

    法楽焼

  • 六兵衛

    長崎県

    昔ながらのさつまいも麺

    六兵衛

  • 鮎ずし

    和歌山県

    那賀地方で作られる、秋祭りのごちそう

    鮎ずし

  • ぶえん寿司

    熊本県

    新鮮な魚を贅沢に使った酢じめの寿司!

    ぶえん寿司

TOPに戻る