茶ごめ

徳島県

伝統的郷土料理

疲労回復にもなる、そら豆いりの甘いご飯

茶ごめ

そら豆とざらめを入れた甘い豆ご飯。ご飯が茶色い色をしている。
そら豆は栗のようなほくほくした食感で、あっさりした漬け物と良く合う。
地域によって、正月の料理や彼岸、法事に仏前にお供えする習わしもある。
農家では、田植えの時期、新しいそら豆が出回る前に古いそら豆を処分する目的でよく作られた。
エネルギー源となる砂糖やそら豆を多く使った茶ごめで疲労をいやしたそうだ。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • カップ2強
  • そらまめ(乾)カップ1と1/2
  • 水(そらまめ用)カップ3と1/2
  • ざらめ糖(中ざら) ※上白糖でもよい大さじ3
  • 小さじ1/3強
  • そらまめのゆで汁カップ2と1/4 
1.
米は30分前に洗って、水気をきっておく。
2.
そらまめは、さっと洗ってから、フライパンか厚手の鍋にいれ、15分くらい弱火で煎る。
茶褐色になるまで、丁寧に煎る。
3.
煎ったそらまめを湯に30分くらいつけてから、沸騰させる。
沸騰したら、火を止めて2時間くらい、ふたをしたまま、おく。
4.
そらまめをざるにあげ、ゆで汁は使うのでとっておく。
5.
そらまめの皮をむく。粒が割れないように注意する。
6.
炊飯器に米、そらまめ、ざらめ糖、食塩を加え、そらまめのゆで汁カップ2杯半(米の重さの1.5倍)を入れて、普通に炊く。
7.
炊きあがったら、ざっくりと混ぜて盛りつける。

資料提供 : とくしまの郷土料理

Don

郷土料理

  • 楽焼うなぎ

    長崎県

    甘いタレがたっぷり滲みた楽焼うなぎ

    楽焼うなぎ

  • ビワマス料理

    滋賀県

    脂ののりは、トロにも負けない。口の中でとろける味わいも絶品

    ビワマス料理

  • かしわのすき焼き

    奈良県

    天神様の冥福を祈って、守護物の牛の代わりに鶏を入れたすき焼き

    かしわのすき焼き

  • 仙台雑煮

    宮城県

    ハゼの出汁で作る仙台特有の雑煮。風味と野菜の旨味が相性◎

    仙台雑煮

TOPに戻る