さつま汁

鹿児島県

伝統的郷土料理

江戸時代より続く、鹿児島県を代表する郷土料理

さつま汁

さつまとはさつま鶏を使うことに由来していると伝えられ、武士島津時代に闘鶏を催し、さつまの士風を高める習わしがあった。闘鶏で負けた鶏をみそ汁にしたのが始まりといわれる。肉と野菜の実だくさんの汁は、栄養価が高く、減塩のためにもよい。
現在では、豚肉も使われるようになった。

郷土料理レシピ

分量 : [:ja]4[:en]for 4 persons[:de]4[:ru]4[:es]4[:fr]4[:it]4[:ko]4[:th]4[:zh]4[:ch]4[:]人前

  • 鶏もも肉60g
  • 干し椎茸10g
  • きくらげ5g
  • こんにゃく50g
  • ごぼう50g
  • 大根50g
  • かぼちゃ100g
  • 人参30g
  • 里芋50g
  • 揚げ豆腐50g
  • ねぎ10g

[ 調味料 ]

  • 適量
  • だし汁(椎茸のもどし汁+水)4カップ
  • みそ50g
  • 少々
  • 砂糖少々
1.
鶏肉は適当な大きさに切る。
2.
干し椎茸は水でもどして、せん切りにし、汁はだし汁に使う。
3.
鍋に油を熱し、鶏肉、きくらげ、椎茸を炒め、こんにゃく、ごぼう、大根、かぼちゃと固い野菜の順に炒める。
4.
③にだし汁を入れ、煮る。
5.
煮えたらみそと砂糖、酒を入れ、味をととのえ最後にねぎを入れる。

資料提供 : 鹿児島県食生活改善推進員連絡協議会

郷土料理

  • 山菜の天ぷら

    山形県

    山菜独特の風味を衣に包み込んで

    山菜の天ぷら

  • おやき(長野県)

    長野県

    旬の野菜を使った餡が決め手

    おやき(長野県)

  • へぼ飯

    岐阜県

    コクのあるうま味は、正に天下の絶品!

    へぼ飯

  • 赤イカ塩辛

    東京都

    イカの女王赤イカのおいしさを存分に味わえる絶品塩辛!

    赤イカ塩辛

TOPに戻る