子育てだんご汁

大分県

伝統的郷土料理

元気な子供を育てるための産婦の食事

子育てだんご汁

産婦が、たっぷり乳を出して元気な子供を育てるためにつくられた味噌汁。
母乳の出が良いとされるもち米でつくった団子と、悪血を下げる効果のあるいもがらを入れた。
昔から県内各地でつくられている。すすり団子汁と呼ぶ地域もある。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • もち米粉200g
  • いもがら(ずいき)10g
  • 里芋150g
  • にんじん50g
  • ごぼう50g
  • いりこ20g
  • みそ100g
  • 4カップ
  • ねぎ適宜
1.
いりこでダシをとる。
2.
いもがらを水でもどし、2〜3cmの長さに切る。
里芋の皮を剥いて輪切りにし、さっとゆがいてぬめりをとる。
3.
ごぼうをささがきにして、水にさらす。
にんじんはいちょう切りにする。
4.
だしの鍋に、いもがら、里芋、ごぼうを入れて火にかけ、後からにんじんを加えて煮込む。
5.
もち米粉に水を少しずつ加えて、耳たぶくらいのかたさになるまでこねる。
棒状にしてちぎり、丸く平な団子にする。
6.
野菜が煮えたら、みそを溶き入れ、団子をいれる。
7.
だんごがうきあがってきたら、できあがり。
最後に、小口切りのネギを散らす。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味 /次代に残したい郷土料理

汁もの

郷土料理

  • 四海巻

    千葉県

    見てきれい、食べておいしいお米の芸術品

    四海巻

  • いも串

    栃木県

    儀礼や行事にも、子供のおやつにも

    いも串

  • 楽焼うなぎ

    長崎県

    甘いタレがたっぷり滲みた楽焼うなぎ

    楽焼うなぎ

  • てっぱい

    香川県

    冬の客膳には欠かせない

    てっぱい

TOPに戻る