鶏飯(けいはん)

鹿児島県

伝統的郷土料理

約370年前から奄美に伝わるおもてなし料理

鶏飯(けいはん)

茶碗に盛った白飯に、ほぐした鶏肉、錦糸卵、椎茸、パパイヤ漬けなどの具材と葱、きざみ海苔、陳皮、胡麻、紅生姜などの薬味をのせ、丸鶏から取ったスープをかけて食べる料理。自分で好きな配分でご飯、具、薬味、スープを合わせて食べる。特産のパパイヤや大根の漬け物が添えられることも多い。奄美市には専門店も数軒あり、地鶏を使うなどそれぞれの特徴を出している。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 鶏胸肉200g

[ 調味料A ]

  • みりん大さじ1
  • 砂糖小さじ2
  • 濃口しょうゆ大さじ1

[ 椎茸、人参 ]

  • 干し椎茸5枚
  • 人参50g

[ 調味料B ]

  • 砂糖大さじ1
  • 濃口しょうゆ小さじ1.5
  • 干し椎茸戻し汁1/2カップ

[ 卵 ]

  • 2個

[ かけ汁 ]

  • 鶏がら90g
  • 鶏を煮た汁+水900~1200cc

[ 薬味 ]

  • 漬物適宜
  • 海苔適宜
  • ねぎ適宜
  • みかんの皮適宜
1.
鶏肉を水で煮てほぐし、「調味料A」で煮詰める。
2.
水で戻した椎茸、人参を千切りにして「調味料B」で煮る。
3.
卵は砂糖・塩で味付けし、フライパンにサラダ油をひいて錦糸卵にする。
4.
薬味の漬物・海苔・みかんの皮はせん切り、ねぎは小口切りにする。
5.
鍋に「かけ汁」を煮立ててスープを作る。
6.
ご飯を盛り、具・薬味をのせスープをかける。

資料提供 : NPO法人 霧島食育研究会

肉

  • ホルモン焼き

    大阪府

    豊かな発想力で新しい味を生み出す街“大阪”のエコな一品

    ホルモン焼き

  • しし鍋(しし汁)

    奈良県

    かねてから奈良の山間部に多く生きていた猪を使った体が温まる鍋

    しし鍋(しし汁)

  • 鳥多希の手羽先

    東京都

    皮はパリッと中はジューシーな味わい

    鳥多希の手羽先

  • 東坡煮

    長崎県

    口の中でとろける柔らかさ。卓袱コースの代表的料理

    東坡煮

郷土料理

TOPに戻る