鶏めし

大分県

伝統的郷土料理

大分県民がこよなく愛す味

鶏めし

猟師がキジや鳩の肉で作ったのが始まりと言われる。
昔はハレの日や、さなぶり(田植え終了の祭り、“さ”は田の神)、来客があった時などに作られた。

郷土料理レシピ

  • 1升
  • 鶏肉600g
  • ごぼう500g
  • 砂糖適量
  • しょうゆ200cc
  • 大さじ2
1.
ごぼうはささがきにして水にさらす。
鶏肉は小さめに切り、脂身を分けておく。
2.
鍋に鶏の脂身を入れて熱し、鶏肉を炒める。
さらに、水切りしたごぼうを加えて良く炒めてから、砂糖、しょうゆ、酒で調味する。
3.
ご飯を普通に炊く。
4.
炊きあがったごはんに、2.の具とにじるを加え、追い炊きする。
5.
15分程度蒸らしてから、全体を混ぜ合わせる。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味

Don

郷土料理

  • ホンモロコ料理

    滋賀県

    琵琶湖特有のホンモロコは炭火で焼いて生姜醤油で食べる素焼きが絶品

    ホンモロコ料理

  • 普茶料理

    長崎県

    禅の心を大切にした、日本の食文化を代表する精進料理

    普茶料理

  • しそ巻梅漬

    青森県

    風味豊かな赤じその葉に、種を取った梅や杏を包んださわやかな味

    しそ巻梅漬

  • 笠戸ひらめ寿司

    山口県

    ふぐに匹敵する高級魚。特にえんがわの食感は絶品!

    笠戸ひらめ寿司

TOPに戻る