セタシジミご飯

滋賀県

伝統的郷土料理

絶品の旨味!琵琶湖のシジミ

セタシジミご飯

セタシジミとは、琵琶湖から流れ出る瀬田川に多いシジミのこと。琵琶湖周辺ではセタシジミを炊き込みご飯にしたものが有名。淡水で育つためクセが少ない反面、コクは強い。セタシジミの旨味を余すことなく、ご飯にしみこませて食べるのが最高に美味しい。

郷土料理レシピ

分量 : [:ja]2~3[:en]Serves 2-3[:de]2~3[:ru]2~3[:es]2~3[:fr]2~3[:it]2~3[:ko]2~3[:th]2~3[:zh]2~3[:ch]2~3[:]人前

  • セタシジミ(殻付き)400g(むき身で80~100g)
  • 2合
  • 薄口しょうゆ大さじ2.5
  • 大さじ2.5
  • ショウガ少々
1.
米を研いでザルにあげ、水を切っておく。(30分程度)
2.
セタシジミは砂抜きし、こするようにして、きれいに洗う。
3.
セタシジミを鍋に入れ、少量の水を加え、茹でて殻から身を外す。むき身はザルにあげ、ゆで汁は残しておく。
4.
①の米と②のゆで汁、分量の醤油と酒を炊飯器に入れ、水を足して、2合分の水量にあわせる。そこにシジミのむき身を入れ、通常通りに炊きあげる。
5.
炊きあがれば、かき混ぜて15分程度蒸らす。茶碗に盛って、ショウガの千切りをかける。
※土鍋を使い、少し焦げ目をつけて炊くと、さらに美味しくいただけます。

資料提供 : 滋賀のおいしいコレクション

Don

  • 清水マグロの大トロ丼

    静岡県

    ご当地ならではの大トロを贅沢に盛り付けたマグロ丼

    清水マグロの大トロ丼

  • のっけ飯

    福岡県

    贅沢盛り合わせの“のっけ飯”

    のっけ飯

  • ひつまぶし

    愛知県

    そのままで、薬味を添えて、お茶漬けで。三つの味を楽しめる

    ひつまぶし

  • 遊佐カレー

    山形県

    「月に1度は遊佐カレー」が合い言葉のご当地カレー

    遊佐カレー

郷土料理

TOPに戻る