ミミガーさしみ

沖縄県

伝統的郷土料理

琉球料理の一品として必ず出される料理

ミミガーさしみ

ミミガー(耳皮)とは、耳全体をさし、ミミガーの和え物は琉球料理の一品として必ず出される料理。コリコリとした歯ざわりとさっぱりした味付けがくらげに似ており、酒客に喜ばれている。湯がいたものを酢醤油に付けたり、ピーナツバターベースのタレで和えたりする。

郷土料理レシピ

分量 : 5人前

  • ミミガー(豚の耳皮)100g
  • きゅうり200g
  • もやし60g
  • ピーナツバター50g
  • 砂糖30g
  • 白みそ19g
  • 小さじ1/2
  • 小さじ5弱
1.
ミミガーは皮を直火で焼いて毛をこそぎ、きれいに洗い40分ほど茹でます。
2.
ミミガーはうす切りにし、塩をふってしばらくおきます。熱湯で湯洗いして塩気と脂気を抜きます。
3.
きゅうりは千切り、もやしは茹でておきます。
4.
分量の調味料を合わせ、ピーナツ酢を作ります。
5.
ボールにミミガー、きゅうり、もやしを混ぜ、④のピーナツ酢で和えます。

資料提供 : 沖縄県 農林水産部流通・加工推進課

郷土料理

  • わっぱ飯

    新潟県

    素材の味を堪能できる見た目も華やかな逸品。

    わっぱ飯

  • 越前がに鍋

    福井県

    あこがれの高級品!越前ガニを徹底的に楽しむには鍋が一番

    越前がに鍋

  • 出雲そば

    島根県

    救荒作物から独自の文化になった出雲そば

    出雲そば

  • 金目鯛の煮付け

    静岡県

    脂ののった肉厚な身を甘辛煮で。鮮やかな赤色が料理に華を添える

    金目鯛の煮付け

TOPに戻る