皿鉢料理

高知県

伝統的郷土料理

土佐の酒宴の席には欠かせない。大皿に豪快に盛り合わせた酒の肴

皿鉢料理

大皿に刺身、カツオのタタキ、寿司、「組み物(揚げ物、煮物、酢の物など)」を盛り合わせた豪快な郷土料理が皿鉢料理(さわちりょうり)。現代の皿鉢の原型は室町時代までさかのぼるといわれるが、当時は比較的深みのある高坏(たかつき)で、器の形状により様々な呼ばれ方をされていた。それらが江戸時代に総称として「皿鉢」と呼ばれるようになった。現在でも高知の酒の席では欠かすことの出来ないものである。ちなみに、昭和43年から「南国土佐皿鉢祭」が開かれ、料理の伝承と技術の向上がはかられている。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • しゅんかん

    鹿児島県

    島津の殿様料理にもなっていた祝い膳

    しゅんかん

  • ゆべし

    埼玉県

    柚子の中に詰め物をした保存食

    ゆべし

  • 山菜の天ぷら

    山形県

    山菜独特の風味を衣に包み込んで

    山菜の天ぷら

  • つわずし

    高知県

    つわぶきの葉を使った祝いの席のお寿司

    つわずし

TOPに戻る