いとこ煮

大分県

伝統的郷土料理

親鸞聖人をしのんでつくられた小豆の煮物

いとこ煮

親鸞聖人のご遺徳をしのぶ「おとりこし」という法要の時に必ずつくる料理。
この時期にとれる根菜類に、親鸞聖人の好物だったと言われる小豆を組み合わせた煮物で、小豆と根菜類の相性がよいことから、いとこ煮と呼ばれるようになった。
おとりこしは浄土真宗の法要で、11月に入ると、お寺さんを呼んで先祖の供養もかねて、お経をあげてもらい、一緒に食事をする。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • もち米3カップ
  • 小豆1/2カップ
  • 里芋400g
  • 大根200g
  • 3カップ
  • 少々
1.
もち米をといでザルにあげておく。
2.
小豆を固めに茹でる。
3.
大根の皮をむき、1cm角くらいのサイコロ状に切って、下茹でする。
4.
里芋を大根より大きめのサイコロ状に切り、水で洗ってぬめりをとる。
ぬめりをとったらザルにあげておく。
5.
もち米を炊飯器に入れる。
小豆と水と塩を加える。
大根と里芋をのせて、普通に炊く。
6.
炊きあがったら少し蒸らして、さっくりと混ぜる。

資料提供 : 次代に残したい郷土料理

郷土料理

  • ふなずし

    滋賀県

    癖があるけどクセになる?全国的に有名ななれ寿司

    ふなずし

  • ゆべし

    徳島県

    ゆずの皮を甘辛く煮詰めた保存食

    ゆべし

  • 六兵衛

    長崎県

    昔ながらのさつまいも麺

    六兵衛

  • ばらずし

    岡山県

    倹約令をかいくぐるための工夫からうまれたハレの食

    ばらずし

TOPに戻る