芋煮

島根県

伝統的郷土料理

里芋のおいしさを生かした秋の味覚

芋煮

津和野の郷土料理。あぶり小鯛でダシをとり、里芋と吸口のゆずを入れる。
客人への振る舞いや楽しみの場に欠かせない秋の風物詩。古くは鉄鍋で大量につくり、農作業の合間に煮返して食べたと言われている。
青野山麓にある笹山という地区でできた里芋は昔から絶品と言われている。

郷土料理レシピ

分量 : 1人前

  • あま鯛(あぶり鯛)20g
  • 里芋70g
  • 昆布(だし)
  • 薄口しょうゆ小さじ1弱
  • 濃口しょうゆ小さじ1/3
  • 春菊5g
  • ゆず少々
1.
里芋は皮をむき、食べやすい大きさに切ってゆで、あくを流す。
2.
昆布だしで気長く煮含める。とろ火で2〜3時間程度。
3.
小鯛のあぶったものを準備し、身をほぐしておく。
または鯛を焼いてほぐす。
4.
芋が十分にやわらかくなったら、鯛のほぐし身と調味料を加え、味をととのえる。
5.
お椀に芋煮を入れ、好みで手でちぎった春菊とゆず皮を飾る。

資料提供 : 公益社団法人島根県栄養士協会/しまね食三昧

煮もの

  • ひょう干し

    山形県

    新年への期待を込めた正月料理

    ひょう干し

  • 鮒の甘露煮

    栃木県

    正月には欠かせない縁起物

    鮒の甘露煮

  • 金目鯛の煮付け

    静岡県

    脂ののった肉厚な身を甘辛煮で。鮮やかな赤色が料理に華を添える

    金目鯛の煮付け

  • けの汁

    青森県

    津軽の七草粥ともいわれる小正月の精進料理。

    けの汁

郷土料理

  • がん汁

    大分県

    生きた蟹を使ったワイルドな料理

    がん汁

  • ゆべし

    埼玉県

    柚子の中に詰め物をした保存食

    ゆべし

  • いただき

    鳥取県

    鳥取県西部で愛されるおふくろの味

    いただき

  • 仙台雑煮

    宮城県

    ハゼの出汁で作る仙台特有の雑煮。風味と野菜の旨味が相性◎

    仙台雑煮

TOPに戻る