初午だんご

富山県

伝統的郷土料理

豊作祈願のお供えもの

初午だんご

2月の最初の午の日に、神にお供えするための「まゆ」の形をした団子のこと。「まゆ」の形をしているのは、昔この地域では養蚕が盛んだったことに由来する。汁物やぜんざいに入れて食べたり、焼いて醤油などで味付けして食べたりと、現在その楽しみ方はさまざまである。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • もち粉2カップ
  • そば粉2カップ
  • 小麦粉少々

[ A:調味料 ]

  • きな粉適宜
  • 砂糖適宜
  • 適宜
1.
ボールにもち粉を入れて、お湯を少しずつそそぎ入れ、耳たぶほどの硬さにこねる。それを小さくちぎって、繭(まゆ)の形にする。
2.
そば粉と小麦粉を混ぜ合わせ①と同様に繭の形にする。
3.
大きめの鍋にたっぷりのお湯で①と②を茹で、浮いてきたらざるに上げる。
4.
Aを好みの甘さに混ぜ合わせ、③につけて食べる。

資料提供 : 越中とやま 食の王国

郷土料理

  • いとこ煮

    栃木県

    冬至に食べると風邪をひかないと言われる

    いとこ煮

  • にがごりのつくだ煮

    鹿児島県

    夏を感じる独特の苦みを、長く楽しむための工夫

    にがごりのつくだ煮

  • がめ煮 (福岡県)

    福岡県

    定番のお惣菜は朝鮮生まれ?懐かしいお袋の味

    がめ煮 (福岡県)

  • かやくご飯

    大阪府

    大阪人の合理的精神にマッチ!昼のメニューに外せない庶民の味

    かやくご飯

TOPに戻る