山菜の天ぷら

山形県

伝統的郷土料理

山菜独特の風味を衣に包み込んで

山菜の天ぷら

新鮮な山菜を天ぷらにするときは、アク抜きする必要なし。こごみ、たらの芽、こしあぶら、うど、ふきのとう、わらび、しどけ、たけのこ…。春は山の恵みに感謝しつつ山菜料理をいただく。新鮮な山菜は天ぷらにするのが手軽で美味しい食べ方。特に香りの強いものは、天ぷらにすることで、食欲をそそる風味を辺りに漂わせる。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • たらの芽4本
  • 月山筍4本
  • うど1本
  • 小麦粉50g
  • 1/2個
  • 1/2カップ
  • 揚げ油
  • ダシ汁1カップ
  • 醤油大さじ3
  • みりん大さじ3
  • 大根おろし1/2カップ
1.
月山筍は縦に浅く切れ目を入れ皮をむき、節の固い所を切り落とす。
2.
たらの芽、うどは洗って、乾いたふきんで拭く。
3.
小麦粉、卵、水で天ぷらの衣を作る。
4.
山菜に小麦粉をふり、衣をつけて、油でからりと揚げる。
5.
ダシ汁、醤油、みりんを合わせ、火にかけ煮立てて、天つゆを作る。
6.
大根おろしを添える。
●その他、ふきのとう、こごみ、こしあぶら、ドホイナなどが天ぷらに向く。
●天ぷらにするときはアク抜きをしなくともよい。

資料提供 : ふるさと郷土料理探訪

郷土料理

  • 豆腐めし

    鳥取県

    豆腐・山菜を炊き込んだ冬至の頃に作られる郷土料理のひとつ

    豆腐めし

  • 寒シマメ漬け丼

    島根県

    冬に獲れるスルメイカ「寒シマメ」を、肝醤油で漬け込み丼に!

    寒シマメ漬け丼

  • かやくご飯

    大阪府

    大阪人の合理的精神にマッチ!昼のメニューに外せない庶民の味

    かやくご飯

  • にんにく漬

    青森県

    密度の濃い、しっかりとしたにんにくをしょうゆや味噌漬けで

    にんにく漬

TOPに戻る