いぶりがっこ

秋田県

伝統的郷土料理

囲炉裏で燻した香ばしさと、米糠の独特の甘みと漬物の塩気が絶妙

いぶりがっこ

“がっこ”は、秋田の方言で漬物のこと。「いぶり=炙り(燻製)」にした漬物として、古くから保存食として珍重されているのが”いぶりがっこ”。山々に囲まれ日照時間が少ない上に積雪の多い秋田県では、天日で大根などを十分に干すことは難しい。そのため、大根などを囲炉裏の上につるしていぶし、燻製にしたものを米糠と塩で漬け込むという方法が考案されたようだ。漬物にうつった木が燃える香ばしく甘い香りと、米糠の素朴な味わいに、自然とご飯がすすむ。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • ハンダマ酢味噌和え

    沖縄県

    血の薬と呼ばれる健康食

    ハンダマ酢味噌和え

  • にいもじ

    佐賀県

    みずいもを使った夏場の日常食

    にいもじ

  • はっと汁

    宮城県

    県内有数のお米どころの家庭の味

    はっと汁

  • うどん

    京都府

    京うどんはだしが絡みやすく、だしを吸いやすい中細麺が特徴

    うどん

TOPに戻る