ばらずし

岡山県

伝統的郷土料理

倹約令をかいくぐるための工夫からうまれたハレの食

ばらずし

新鮮な海の幸と彩り豊かな旬の野菜を盛り合わせた郷土寿司。江戸時代、備前岡山の藩主池田光政候が質素倹約を奨励し、「食膳は一汁一菜にせよ」との倹約令を布告した。やむなく庶民たちは、たくさんの魚や野菜を混ぜ込んだ寿司飯を「一菜」とし、それに汁物を添えて、体裁を「一汁一菜」としたのが発祥だ。窮余の策からうまれたばらずしは、岡山ずしやまつりずしとも呼ばれ、現在ではお祭りや祝い事、来客の接待などにおけるハレの食として親しまれている。

資料提供 : ぐるたび

寿司

郷土料理

  • けせん団子

    鹿児島県

    薩摩藩のお茶菓子として親しまれていた素朴な名菓

    けせん団子

  • かぶら寿し(石川県)

    石川県

    金沢を代表する正月の定番すし料理

    かぶら寿し(石川県)

  • いりもち

    高知県

    仁淀村の手作りおやつ

    いりもち

  • さんが焼き

    千葉県

    海を知り尽くした漁師による“漁師料理”の、まろやかな美味しさ

    さんが焼き

TOPに戻る