石狩鍋

北海道

伝統的郷土料理

北海道を代表する郷土鍋。鮭の柔らかな身と旬野菜の旨味

石狩鍋

北海道帯広地方では「十勝鍋」とも呼ばれる郷土鍋のひとつ。江戸時代から石狩地方では特に鮭漁が行われており、大漁のご褒美として漁師たちが獲れたての鮭を豪快に鍋にして楽しんだことが起源とされている。味付けは実にシンプルで、新鮮な鮭をぶつ切りにした身と「あら」を、キャベツや玉ねぎなどの野菜とともに鍋荷入れ、味噌で味を整えて食べる。寒さの厳しいこの地域では、体を温める「味噌」味の料理が多く、石狩鍋はその代表格と言ってもよい。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 酢漬らっきょ

    鹿児島県

    ひとつひとつ手間ひまかけて作った、ミネラル豊富な酢漬らっきょ

    酢漬らっきょ

  • いもたき(中予)

    愛媛県

    ねっとりした里芋とオプションの肉が魅力の鍋

    いもたき(中予)

  • いなごいり

    山形県

    かつての農村の貴重なタンパク源

    いなごいり

  • 飯寿司

    青森県

    伝統発酵食品「飯寿司」

    飯寿司

鍋もの

TOPに戻る