鶏めし

大分県

伝統的郷土料理

大分県民がこよなく愛す味

鶏めし

猟師がキジや鳩の肉で作ったのが始まりと言われる。
昔はハレの日や、さなぶり(田植え終了の祭り、“さ”は田の神)、来客があった時などに作られた。

郷土料理レシピ

  • 1升
  • 鶏肉600g
  • ごぼう500g
  • 砂糖適量
  • しょうゆ200cc
  • 大さじ2
1.
ごぼうはささがきにして水にさらす。
鶏肉は小さめに切り、脂身を分けておく。
2.
鍋に鶏の脂身を入れて熱し、鶏肉を炒める。
さらに、水切りしたごぼうを加えて良く炒めてから、砂糖、しょうゆ、酒で調味する。
3.
ご飯を普通に炊く。
4.
炊きあがったごはんに、2.の具とにじるを加え、追い炊きする。
5.
15分程度蒸らしてから、全体を混ぜ合わせる。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味

Don

  • トンテキ丼

    三重県

    「第5回全国ご当地どんぶり選手権予選会」出場どんぶり

    トンテキ丼

  • のっけ飯

    福岡県

    贅沢盛り合わせの“のっけ飯”

    のっけ飯

  • 三浦丼

    神奈川県

    海の幸たっぷり

    三浦丼

  • 東松山やきとり丼

    埼玉県

    東松山のやきとり新提案!特製のたれに漬け込んだカシラ肉が旨い

    東松山やきとり丼

郷土料理

  • ぶえん寿司

    熊本県

    新鮮な魚を贅沢に使った酢じめの寿司!

    ぶえん寿司

  • 皿鉢料理

    高知県

    土佐の酒宴の席には欠かせない。大皿に豪快に盛り合わせた酒の肴

    皿鉢料理

  • へぼ飯

    岐阜県

    コクのあるうま味は、正に天下の絶品!

    へぼ飯

  • 福神漬

    東京都

    起源は江戸時代初期までさかのぼる、東京の歴史を感じる名産品

    福神漬

TOPに戻る