きらすまめし

大分県

伝統的郷土料理

刺身の切れ端におからをまぶした倹約料理

きらすまめし

名前の由来は、刺身にきらず(おから)をまめした(まぶした)ことから。「おからまめし」や「おからまぶし」と呼ぶ人もいる。
臼杵地方では、祇園祭の時、おからに魚の身をまぶした料理を作るのが旧藩時代からの習慣であった。
臼杵藩は深刻な財政難に陥ることが多く、その度に倹約令をだして、食ベ物も細かく規制をした。きらすまめしは刺身の切れ端を使い、安価なおからでかさ増しした倹約料理だが、栄養価も高く、おいしい。

郷土料理レシピ

分量 : 5人前

  • 魚(ぶり、しび、かつお、さば、はまち等)200g
  • おから150g
  • しょうゆ魚がひたる程度
  • 砂糖少々
  • ねぎ又は春菊20g
  • かぼす適量
1.
魚は3枚におろし、刺身程度の大きさに切り、しょうゆの中に30分ひたしておく。
2.
おからを粘りがでるまで良く混ぜ、魚とみじん切りにしたねぎ又は春菊を加えて混ぜ合わせる。
※食べる直前に混ぜるのがコツ。
3.
かぼすをかけて食べる。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味 /次代に残したい郷土料理

Don

  • 香箱カニ丼

    石川県

    ズワイガニのメスからとれない珍味をふんだんに使ったどんぶり

    香箱カニ丼

  • 和楽備茶漬け

    埼玉県

    焼きおにぎりの香ばしさとかつお出汁のコクが引き出す深い味わい

    和楽備茶漬け

  • 三沢ほっき丼

    青森県

    全国に誇る三沢のホッキ貝を使ったご当地どんぶり

    三沢ほっき丼

  • うに・いくら丼

    北海道

    あたたかいご飯の上で開かれる、ウニとイクラの豪華な共演

    うに・いくら丼

郷土料理

  • うれしの

    大分県

    殿様が「うれしいのう」と喜んだ鯛のごはん

    うれしの

  • じゃこ寿司

    和歌山県

    夏はにぎり寿司、秋は押し寿司。2種の味をぜひお試しあれ!

    じゃこ寿司

  • けの汁

    青森県

    津軽の七草粥ともいわれる小正月の精進料理。

    けの汁

  • きじ鍋

    三重県

    栄養豊富なバランス健康食材!あっさりした味わいは鍋が最適!

    きじ鍋

TOPに戻る