芋煮

島根県

伝統的郷土料理

里芋のおいしさを生かした秋の味覚

芋煮

津和野の郷土料理。あぶり小鯛でダシをとり、里芋と吸口のゆずを入れる。
客人への振る舞いや楽しみの場に欠かせない秋の風物詩。古くは鉄鍋で大量につくり、農作業の合間に煮返して食べたと言われている。
青野山麓にある笹山という地区でできた里芋は昔から絶品と言われている。

郷土料理レシピ

分量 : 1人前

  • あま鯛(あぶり鯛)20g
  • 里芋70g
  • 昆布(だし)
  • 薄口しょうゆ小さじ1弱
  • 濃口しょうゆ小さじ1/3
  • 春菊5g
  • ゆず少々
1.
里芋は皮をむき、食べやすい大きさに切ってゆで、あくを流す。
2.
昆布だしで気長く煮含める。とろ火で2〜3時間程度。
3.
小鯛のあぶったものを準備し、身をほぐしておく。
または鯛を焼いてほぐす。
4.
芋が十分にやわらかくなったら、鯛のほぐし身と調味料を加え、味をととのえる。
5.
お椀に芋煮を入れ、好みで手でちぎった春菊とゆず皮を飾る。

資料提供 : 公益社団法人島根県栄養士協会/しまね食三昧

煮もの

郷土料理

  • しし鍋(しし汁)

    奈良県

    かねてから奈良の山間部に多く生きていた猪を使った体が温まる鍋

    しし鍋(しし汁)

  • べろべろ餅

    山形県

    べろべろべろ~と生まれた細長い、うるち米のおもち

    べろべろ餅

  • モズクスープ

    沖縄県

    ツルツルさらっと食べられる栄養タップリの「もずくスープ」

    モズクスープ

  • いたどりの炒め物

    高知県

    高知の春を告げる食材で作る

    いたどりの炒め物

TOPに戻る