牛スジもつ丼

岩手県

伝統的郷土料理

脂肪少なめ、味はしっかりの短角牛のスジやモツの旨味がたっぷり

牛スジもつ丼

旧南部藩時代、岩手では沿岸と内陸の物資輸送に南部牛を使っていた。この南部牛とアメリカから輸入されたショートホーン種を交配させて生まれたのが、「岩手牛スジもつ丼」の主役となる短角牛だ。短角牛の特徴は赤身が多く、脂肪分が少ない点。それでいて、肉の旨味は抜群なので、女性やヘルシー志向の人からも人気が高い。厳選された短角牛の新鮮な牛すじやもつとともに、野菜もふんだんに使われ、秘伝のタレが味を引き締める。たっぷりと食べたい人にもお薦めだ。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • ミミガー

    沖縄県

    軟骨の歯ごたえとコリコリ食感で、つい手が伸びる「ミミガー」

    ミミガー

  • 紀の川漬

    和歌山県

    大根の王様『紀州大根』をあっさり薄味で仕上げた人気の関西名物

    紀の川漬

  • のっぺ汁

    大分県

    野菜だけでつくった精進料理

    のっぺ汁

  • つぼ煮

    富山県

    宿や寺院で振る舞われたおもてなし料理

    つぼ煮

TOPに戻る