黒米カレー

奈良県

ご当地グルメ

慈しみの心を伝える1300年のカレー

黒米カレー

カレーの起源の一説に、インドで生まれた釈迦が人々を病から救うために、様々な薬草を混ぜ合わせ、分け与えたという説がある。奈良の大仏の開眼供養会(かいげんくようえ、魂入れの儀式)の導師はインド出身の僧が務めたといわれ、昔から奈良はインドと関わりがあったようだ。正倉院にも数多くの薬(現在スパイスとして使われているもの)が納められたという記録もあり、その時代から慈しみのカレーが存在していた可能性も否定はできない。その人々の健康を気遣い振舞われたと思われるカレーを現代に甦らせたのが“黒米カレー”だ。

資料提供 : ぐるたび

御当地グルメ

  • 富士宮やきそば

    静岡県

    いまや全国区となったご当地グルメ!

    富士宮やきそば

  • サバ棒寿司

    福井県

    名物「浜焼きさば」が寿司に。ファンが集まる人気の味

    サバ棒寿司

  • 甲府鳥もつ煮

    山梨県

    絶妙な火加減とタイミングで作る、美しい照りがポイント

    甲府鳥もつ煮

  • ボルガライス

    福井県

    謎に包まれた愛すべき一皿

    ボルガライス

TOPに戻る