にいもじ

佐賀県

伝統的郷土料理

みずいもを使った夏場の日常食

にいもじ

里芋の一種「みずいも」を使う酢の物で、夏場の日常食。地域によっては「ずいき」と呼びばれ、干して保存をした物を使用したりもする。ひんやりと冷やして食べるとおいしい。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • みずいも200g

[ A ]

  • 1カップ
  • 砂糖大さじ6
  • 少々
  • とうがらし少々
  • しょうが少々
1.
みずいもは皮をむき、4cm長さに切り、水にさらす。
※皮をむく時は、根から葉にむかって、むく。
※干しずいき(いもがら)は、もみながら水にもどす。
2.
鍋にAの合わせ酢を入れて、一煮立ちさせ、1を入れて、さっと煮る。
※煮すぎると、歯ざわりが悪くなる。
3.
しょうがの千切りを天盛りにする。

資料提供 : 佐賀県 生産振興部 生産者支援課

郷土料理

  • つゆはっと

    宮城県

    油麩からあふれる汁とつるつるののど越しのはっとで冬を乗り切る

    つゆはっと

  • ヘチマとそうめんの味噌汁

    鹿児島県

    夏の風物詩として食されてきた、ヘチマを使った料理

    ヘチマとそうめんの味噌汁

  • ゆべし

    徳島県

    ゆずの皮を甘辛く煮詰めた保存食

    ゆべし

  • 小豆島手延素麺

    香川県

    伝統ある手延技術で作った素麺は瀬戸内の麺づくりの神髄が!

    小豆島手延素麺

TOPに戻る