にいもじ

佐賀県

伝統的郷土料理

みずいもを使った夏場の日常食

にいもじ

里芋の一種「みずいも」を使う酢の物で、夏場の日常食。地域によっては「ずいき」と呼びばれ、干して保存をした物を使用したりもする。ひんやりと冷やして食べるとおいしい。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • みずいも200g

[ A ]

  • 1カップ
  • 砂糖大さじ6
  • 少々
  • とうがらし少々
  • しょうが少々
1.
みずいもは皮をむき、4cm長さに切り、水にさらす。
※皮をむく時は、根から葉にむかって、むく。
※干しずいき(いもがら)は、もみながら水にもどす。
2.
鍋にAの合わせ酢を入れて、一煮立ちさせ、1を入れて、さっと煮る。
※煮すぎると、歯ざわりが悪くなる。
3.
しょうがの千切りを天盛りにする。

資料提供 : 佐賀県 生産振興部 生産者支援課

郷土料理

  • いしるの貝焼き

    石川県

    加賀料理の隠し味。旨味成分たっぷりに素材の味を引き立たせる

    いしるの貝焼き

  • 鮎の魚田

    愛知県

    焦がした味噌が香ばしい田楽。芳醇な香りに、お酒がすすむ。

    鮎の魚田

  • サバずし

    岡山県

    脂ののったサバずしは、まるで刺身感覚!

    サバずし

  • 煮たくもじ

    岐阜県

    生活の知恵から生まれた飛騨高山の味

    煮たくもじ

TOPに戻る