グラ汁

京都府

伝統的郷土料理

丹後の冬の味覚、グラのお吸い物。トロッとした汁で体がポカポカに

グラ汁

京都・丹後半島ではグラ(またはグビ)と呼ばれる魚は、正式名を「ノロゲンゲ」といい、冬の丹後半島で、ズワイガニと一緒に、底引き網漁で水揚げされる。表面がゼラチン質でヌルッとしているのが特徴で、火を通すと、ゼラチン質が溶けて、とろっとした食感がたまらない味わい。「グラ汁」は数あるグラ料理の中でも昔から親しまれている代表的な郷土料理。旨みが染み出たとろりとした汁を飲み、グラの真っ白な身は、体が冷える冬には最高のご馳走になっているようだ。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • はさみ漬

    北海道

    大根と塩鮭を酢でしめてはさんだ、北海道の漁師町で愛される味

    はさみ漬

  • すったて

    埼玉県

    第6回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦優勝メニュー

    すったて

  • つわずし

    高知県

    つわぶきの葉を使った祝いの席のお寿司

    つわずし

  • 僧兵鍋

    三重県

    僧に戦う力を与えた野趣あふれるスタミナ料理

    僧兵鍋

TOPに戻る