あいまぜ

富山県

伝統的郷土料理

お祝い事には欠かせないその土地の味

あいまぜ

正月や冠婚葬祭のおもてなし料理として、全国各地で食されている郷土料理。各地方や家庭で食材なども全く異なるが、ひとつひとつに味を付けた食材を混ぜることから「あいまぜ」と呼ばれるようになったと言われている。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 塩漬け大根葉50g
  • 大根250g

[ A:調味料 ]

  • 酒粕大さじ1
  • みそ大さじ1.5
  • 七味少々
  • だし昆布少々
1.
大豆は、水に一晩浸しもどす。
2.
①をミキサーなどですりつぶし、なめらかにする。
3.
煮立っただし汁に②を入れ、みそで味を調える。
4.
さいの目に切った豆腐を入れる。
5.
椀に盛り、ねぎを散らす。

資料提供 : 越中とやま 食の王国

郷土料理

  • つわずし

    高知県

    つわぶきの葉を使った祝いの席のお寿司

    つわずし

  • 鉄鉢料理

    京都府

    托鉢の僧が使ったまるい鉢を模して、禅の心を伝える精進料理

    鉄鉢料理

  • にしん漬

    北海道

    米麹と塩で漬け込み発酵させた、北海道・東北地方伝統の保存食

    にしん漬

  • あゆの姿ずし

    熊本県

    球磨川の象徴、鮎を使った姿ずし!

    あゆの姿ずし

TOPに戻る