桜の花漬

神奈川県

伝統的郷土料理

7分咲きの八重桜を塩と白梅酢で漬け込んだ、優雅な小田原の名産

桜の花漬

小田原の名産。色が濃くて香り高い八重桜が適しており、7分咲きのものを塩と白梅酢で漬けたもの。熱い湯に浮かべて味わう「桜湯」は、ふわっと花びらが広がり、優雅な香りが漂う。ハレの日のお茶がわりに飲むことが多い。さっと水洗いした「桜の花漬」を温かなご飯にあえていただく「桜ごはん」は、梅酢に含まれる酸が微生物の繁殖を抑えるため、保存性も優れた一品だ。ほかにも、吸い物の椀種、刺身のつまや和菓子、酢の物、ゼリーやアイスなど様々に楽しめる。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 手打ちそば

    岩手県

    冬には欠かせない細く切った手打ちそば

    手打ちそば

  • イギス

    大分県

    海藻を溶かし固めた身近なおかず

    イギス

  • 南阿蘇のそば

    熊本県

    こだわりの名店がぞくぞく!「そば打ち体験」が楽しめる施設も

    南阿蘇のそば

  • 酒盗(しおから)

    高知県

    貴重な原料を漬け込み熟成させた、土佐生まれの酒の肴

    酒盗(しおから)

TOPに戻る