いも串

栃木県

伝統的郷土料理

儀礼や行事にも、子供のおやつにも

いも串

いも串は、県北では、正月の料理として食されている。また、子供のおやつには、春先の屑いもを利用して作った。囲炉裡のまわりで焼いて食べる楽しみがある。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • さといも400g

[ みそダレ ]

  • みそ100g
  • 砂糖100g
  • みりん60g
  • ゆず季節により
  • さんしょうの葉季節により
1.
さといもは、外皮を洗いおとし傷んだところをむき、ざるにあげて1〜2時間陰干しをする。
(時間のないときは省略して良い。)
2.
さといもは、大きいものは切り、一口大の大きさに揃える。
3.
蒸し器に、クッキングペーパーを敷きさといもを入れ串が通るまで蒸す。
4.
ざるに広げ冷まし、串に3〜4個の芋をさす。
5.
オーブン、炭火等で、両面を焼く。
6.
みそダレをつくる。
・鍋に、みそ、砂糖、みりんを入れ火にかけ、とろみが出るまで、焦げつかないように撹拌しながら煮つめる。
・ゆずのすりおろしや、さんしょうのみじん切りを加える。
7.
焼けたいも串に、みそダレをつけて、もう一度軽く焼く。

資料提供 : 「子や孫に伝えたい郷土の料理とちぎ」発行栃木県農業者懇談会

郷土料理

  • いかすみ汁

    沖縄県

    いかの墨で仕上げた珍しい真黒の汁物!

    いかすみ汁

  • 松浦漬け

    佐賀県

    軟骨のコリコリとした食感と、酒粕の香りにお酒がすすむ一品

    松浦漬け

  • 伊根のサバのへしこ

    京都府

    漁業のまち伊根の伝統の保存食。旨みとほどよい辛味でご飯に合う

    伊根のサバのへしこ

  • うな重

    静岡県

    豊富な水と温暖な気候が生み出す、脂ののった名品をお重で

    うな重

TOPに戻る