ちりめん山椒

京都府

伝統的郷土料理

ご飯のおとも第1位!ピリリと香る山椒とじゃこの旨みが最高

ちりめん山椒

ちりめん山椒とは、ちりめんじゃこと山椒の実を佃煮にしたおばんざいの一つで、京土産としても人気が高い。京都では魚を生で食する機会が少なく、塩や味噌、しょう油等で佃煮にして保存させる風習があった。一方山椒の実は、山々に囲まれた盆地の京都では多く採れ、京の食卓にはなじみの食材として親しまれており、小魚のちりめんとじゃこと混ぜ合わせ、しょう油や酒で煮上げたのが、ちりめん山椒の始まりと言われている。その味付けは店舗により異なり、市内のお土産店、飲食店など様々な場所で購入することが出来る。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • がん汁

    大分県

    生きた蟹を使ったワイルドな料理

    がん汁

  • 粕イカ

    北海道

    新鮮なイカを漬け込んだ粕漬けは、独特の味わいが酒の肴に最適

    粕イカ

  • 越前がに鍋

    福井県

    あこがれの高級品!越前ガニを徹底的に楽しむには鍋が一番

    越前がに鍋

  • とちもち

    富山県

    縄文時代から食されたと言われる栃の実を使用した

    とちもち

TOPに戻る