あんかけかつ丼

岩手県

ご当地グルメ

とろっと甘酸っぱいソースが決め手!

あんかけかつ丼

岩手県一関市千厩町にある小角食堂(こっかどしょくどう)の“あんかけかつ丼”。 創業は大正14年の老舗。最初は普通の卵を使ったかつ丼を提供していたようですが、ご飯にタレが染みるのを嫌って「あんかけかつ丼」を考案したとの事。
ご飯の上にキャベツの千切りが乗っていて、その上にサクサクでジューシーなカツが乗り、甘酸っぱいソース味のあんがかけてある。このあんは、カツオ節とサバ節で取ったダシを中農ソースや醤油、砂糖などで味付けられているとのこと。

資料提供 : ぐるたび

Don

  • 四日市とんてき

    三重県

    本場の味は、豚ロースにニンニク風味とソース味のタレが定番

    四日市とんてき

  • 温たまらん丼

    鹿児島県

    砂蒸し温泉で茹でた玉子がとろ〜り絡む、美味しくてたまらない丼

    温たまらん丼

  • あなご飯

    広島県

    明治時代の駅弁が発祥。焼きたてのあなごの蒲焼とアツアツ味ご飯

    あなご飯

  • 牛すじ温玉丼

    大阪府

    味の決め手は「おぼタレ」。トロトロ牛筋と温泉玉子のハーモニー

    牛すじ温玉丼

御当地グルメ

TOPに戻る